最後は抜歯まで行き着く「銀歯治療」の負の連鎖

【たつぼーのひとこと】
情報弱者は何処でも損するんですね。僕も治療して銀歯あるなぁ(´・_・`)


虫歯治療といえば、「銀歯」を思い浮かべる人も多いだろう。保険治療で使用されているため普及が進み、日本人の7割の口に銀歯が入っているという医療用品メーカーの調査結果もある。
日本では長く「歯を削って銀歯を詰める」という虫歯治療がスタンダードとされてきた。しかし、実のところその銀歯治療が「歯を失う原因」になっていた実情があるのだ──。
「キィーン」という鋭い金属音。突然襲ってくる激しい痛みの予感。歯を削られる治療を好む患者はいないが、虫歯を治したい一心で我慢したものだった。だが、意外な事実を筆者は知った。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】