内容より伝え方! スピーチが「うまく見える」シンプルな方法

たつぼー
 最近見せ方よりも内容をしっかり伝た方が良いって聞いたなぁ笑 いろんなパターンに対応できる能力を身に着けておくのが1番なんですね。 

もしあなたが突然、「今日の夕刻に大勢の前でスピーチをしてくれないか」と頼まれたらどうするだろう?

たいていの人は“感動するような内容”を考えることに時間を使うだろう。しかし、あなたにとって長期的に有利になる結果を考えると、内容よりも“伝え方”を工夫をしたほうがいい。なぜなら私たちの脳は、内容に聞き入る以前に、退屈な話し方には耳を傾けなくなるからだ。

記憶が短期的なものになるか長期的に残るかは、感情がゆさぶられたかどうかで振り分けられる。聞いていて情熱を感じられなかったものは、そのときはなるほどと思っても、あっという間に忘れ去られてしまう。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】