Instagramの新フィードのせいで僕の生活めちゃくちゃだ

【たつぼーのひとこと】
んー、別にどっちでもいいわ!


nstagramのフィードが従来の時系列のものから、独自アルゴリズムにより興味を引く写真がトップに来る方式に変わりました。でも、米GizmodoのWilliam Turtonはこれがお気に召さないようです。

以下、彼の言い分です。

* * *

誰かほかにも、自然の秩序が真逆になったって思ってる人いない? 僕はそう思っているんだ。理由はInstagramが時系列に沿った写真の並びから、アルゴリズムで並び替えられたフィードに変えたから。この数日でみんなもこの変化に気付いたかもしれない。そしてこれが頭ん中をめちゃくちゃにしてくれたことにも気づいたかもね。

これはInstagramが2012年に10億ドル(今のレートで約1018億円)でFacebookに買収されてから初の大きな変化だが、まったく酷くやってくれたもんだ。Facebookでアルゴリズムフィードが使われるのは理に適っている。なぜなら、Facebookでの「社会規範」は、自分が見たくないようなバカみたいな投稿をする人々と強制的にトモダチにならなきゃいけない、というものだからだ。そこでアルゴリズムの出番となり、ここではちゃんと機能する! でもInstagramでは、自分のフィードは僕が自分でもうキュレートしているんだ。自分がフォローしている人による投稿はすべて見たいんだ。正しい順番で。

3月にこの変更をブログで発表したInstagramは「人々は平均で70%ものフィードを見逃しているということにあなたは驚くでしょう」なんて言っていた。「つまり、あなたは一番気にする人の投稿を見ないことが多いということなのです」なんて書かれているが、信じてほしい。僕はこれまでどの投稿も見逃さなかった、でも今では確実に見逃している。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】