ルイ・ヴィトンが香水販売へ-3000ドルの高級ハンドバッグ需要は低迷

たつぼーのひとこと
 昔は結構買ってたけど、皆もってるし、全然欲しいと思わないもんな。 

(Bloomberg) — 高級品メーカー、仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンの「ルイ・ヴィトン」は長年にわたって富裕層の買い物客に対し、同ブランドのモノグラムのバッグを持ち豪華な洋服を身に着けるようアピールしてきたが、今度は顧客らが身にまとう香りに照準を合わせている。

ルイ・ヴィトンは9月に473店舗で香水の販売を開始する予定。同ブランドは過去にも香水を販売したことがある。1940年代に試みたものの、継続されなかった。だが、今回は香水製造の専門家を採用し、フランスのラベンダー産地として知られるプロバンス地方で香水研究所を設立するなど幅広く推進している。

3000ドル(約32万2000円)のハンドバッグや2万ドルの腕時計の売り上げが低迷する中、これは時宜にかなった動きだ。中国経済が冷え込み、世界中でテロ攻撃が相次いでいるため、一部のアナリストは高級品セクターが2009年以来2番目に不振な年になると予想する。競合他社も高級な香水を品ぞろえに加える動きを見せている。ロレアルは6月にフランスの香水メーカー、アトリエ・コロンの買収に合意。エスティローダーとプーチも過去1年間にニッチな香水メーカーを買収している。

メインファースト・バンクのジョン・ガイ氏は「高級ブランドの競争がこれほど激しい局面では、熱心な買い物客を店舗に呼び込むために何か別の目玉が必要だ」と指摘する。同氏は香水販売によって向こう数年間に年間売上高が4億5000万ユーロ(約530億円)余り増える可能性があると推計している。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

■匿名でOK。コメントのみで投稿できるよ!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】