任天堂の売買代金が4760億円、個別銘柄として過去最高に=東京株式市場

たつぼーのひとこと
 やっぱり常に考え続けて新しい事をやるって大事ですね。簡単なようでとても難しいんだけどね。 
[東京 15日 ロイター] – 15日の東京株式市場で、任天堂<7974.T>の売買代金が4760億円となった。個別銘柄としては、過去最高になった。この日の東証1部の売買代金は3兆1130億円で、任天堂だけで全体の約15%を占めた。
米国でのスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の人気を背景に同社株は8日以降、急騰が続いている。15日終値は前日比2480円(9.8%)高の2万7780円となっている。
これまでの最高は2013年5月21日の東京電力(現東京電力HD)<9501.T>の4456億円とされている。当時は特段目立った材料はなく、個人投資家の回転売買が膨らんだことが背景にあった。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非