閉店の嵐「クリスピードーナツ」は再出発を図れるのか

たつぼーのひとこと
ドーナツ美味しいけどカロリー激高なんだもんなー。

つか、原因を徹底的に調べて、まだ微調整でいけるか否かを判断する。修正不可の場合は新しい何かを考え出すか、撤退するか。

結果が出てない=何か間違えているから。

これはどうしても揺るがない事実ってことを理解する。

この場合、頑張ったのにとか、どうしてもこれがやりたいとかそーゆー、無駄な感情は必要ない。

こんなところでしょうか。

本場アメリカのドーナツが食べられる店として日本に上陸した「クリスピー・クリーム・ドーナツ」ですが、一時の熱気はすでに冷め、店舗数は減少傾向にあります。上質なコンビニドーナツなども登場する中、同社が生き残るには何をすべきなのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが分析しています。

閉店の嵐「クリスピードーナツ」は再出発を図れるのか
クリスピー・クリーム・ドーナツ(以下、クリスピー)の横浜みなとみらい店が6月26日に、アリオ倉敷店が7月3日に閉店しました。

今春、クリスピーの閉店が相次ぎました。2015年11月時点では全国に64店舗を展開していましたが、16年7月4日時点では47店舗にまで激減しています。事業の見直しのための閉店としています。以前は行列ができるほどの人気がありましたが、今では光景は一変しています。

クリスピーは1937年7月に米国ノースカロライナ州で1号店がオープンし、地元の食料品店へのドーナツ販売を開始しました。その後、世界各地に出店していきました。日本では06年6月にロッテが70%を出資して会社を設立し、同年12月に東京・新宿サザンテラスに1号店を開業しました。

クリスピーは今年で創業79周年、日本上陸は10周年となります。本来であれば記念すべき年となるはずですが、どうやらそうもいかないようです。ドーナツ業界の雄「ミスタードーナツ」の存在や、「セブンイレブン」や「ローソン」、「ファミリーマート」などのコンビニ各社のドーナツ業界への参入により、クリスピーを取り巻く環境は厳しさを増しているからです。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非