セブンは沖縄で成功するのか? “仁義なき戦い”が始まる 

【たつぼーのひとこと】
沖縄行った時にそれは思った。セブンって確かドミナント方式って手法とってて、それが中々難しいからなんじゃなかったっけ?


先日、セブン-イレブン・ジャパンが、沖縄への出店に向けて県内の複数企業とフランチャイズ契約の交渉を進めているという報道があった(参考記事:セブンイレブン“唯一の空白県”沖縄進出 2~3年内目標に複数企業と交渉『沖縄タイムス+プラス』)。
セブン-イレブンにとって沖縄は、国内で唯一の空白地。同社の広報によると、「具体的には決まっていない」としているが、コンビニのシェア争いの最終ゴングが鳴らされたと言っていいだろう。

そこで今回は、沖縄のコンビニシェア争いについて考えてみよう。
セブンの最後の砦・沖縄

ここで、沖縄のコンビニ出店状況を見ておこう。

先の記事によると「県内では2016年2月末現在、首位の沖縄ファミリーマートが269店舗を展開。ファミリーマート本体とココストアの経営統合に伴い、16年度内に300店舗に達する計画。ローソン沖縄は191店舗(同2月末)」とある。
コンビニ展開を成功させる鍵は2つある。1つは、必要な物流拠点をどうするのか。もう1つは立地だ。
どのコンビニも、品ぞろえ自体に大きな違いはない。違いがないということはつまり、店舗の立地こそが、ユーザーにとってどういう場所なのかがポイントになる。沖縄の立地状況を見る限り、主要な立地は、先行組のファミリーマートやローソンがすでに抑えている。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非