若者?>椎木里佳氏の古すぎる感性は「現代の若者」の縮図

【たつぼーのひとこと】
確かに、この人って昨日インプットした事をすぐにアウトプットしたいだけなように見える。それは大事なんだけど、成長が目標じゃなくて聞いてほしい、言いたいだけがゴールになってるからあんまり意味ないよね。


「『日本はイケてないっていう現実を突きつけられた。』椎木里佳が18歳に伝えたいこと。(https://cakes.mu/posts/13227)」というコラム。賛否両論のあろうが、現代のステレオタイプな若者像を反映した面白い記事である。
椎木里佳氏は「女子高生起業者」としてデビューし、現在は女子大生社長としてメディアに頻出している18歳。この5月には、「『Forbes』が選ぶ30歳以下の世界を変える30人」に選ばれたことでちょっと話題になった。
30歳以下で時代や国を牽引するような活躍をする優秀な若者は日本にはいくらでもいるのに、特に実績のないタレント社長である椎木里佳氏がなぜ選ばれたの?・・・という誰もが感じる違和感は「大人の事情」もあるとは思うので、ここでは言及しない。
さて、冒頭の記事は、シンガポールでの授賞式で感じた「日本の評価」についての椎木氏へのインタビューだ。この内容を3行でまとめてしまえば、
*今の日本は「イケてない」、海外から興味を持たれていない

*「日本はイケてない」を日本人だけが認めていない/理解していない

*このままだと日本は自らを過大評価したまま、世界から取り残されていく
・・・というもの。
これを読んで筆者がまず感じたことは、18歳という年齢にもかかわらず、そのあまりに古い考え方だ。現状把握や分析ができていないことは致し方ないとしても、その感覚があまりに前時代的だ。
具体的に同記事での発言を見てみよう。
*今の日本は「イケてない」、海外から興味を持たれていない
現在の日本をどの立ち位置で「イケているか、イケてないのか」と判断するのかはさておき、2016年の訪日外国人の数は、1月〜5月だけで見て972万88200人で、昨年の同時期の753万7679人からの29.1%増である。
東日本大震災が起きた2011年こそ下落しているが、近年の日本への訪日外国人数の増加は著しい。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスコンサルタント荒木達哉 毎月10万円の収入が増えたら何をしますか? 副業初心者の方や、諦めかけていた人の為のビジネススクール運営 ◆著者・会社以外から複数の収入源の作り方! ◆コラム連載(中央区/天空新聞) ◆ラジオパーソナリティー いつもSNSでのいいね、コメント感謝いたします。 是非、友達追加もよろしくお願いします↓