若者?>椎木里佳氏の古すぎる感性は「現代の若者」の縮図

【たつぼーのひとこと】
確かに、この人って昨日インプットした事をすぐにアウトプットしたいだけなように見える。それは大事なんだけど、成長が目標じゃなくて聞いてほしい、言いたいだけがゴールになってるからあんまり意味ないよね。


「『日本はイケてないっていう現実を突きつけられた。』椎木里佳が18歳に伝えたいこと。(https://cakes.mu/posts/13227)」というコラム。賛否両論のあろうが、現代のステレオタイプな若者像を反映した面白い記事である。
椎木里佳氏は「女子高生起業者」としてデビューし、現在は女子大生社長としてメディアに頻出している18歳。この5月には、「『Forbes』が選ぶ30歳以下の世界を変える30人」に選ばれたことでちょっと話題になった。
30歳以下で時代や国を牽引するような活躍をする優秀な若者は日本にはいくらでもいるのに、特に実績のないタレント社長である椎木里佳氏がなぜ選ばれたの?・・・という誰もが感じる違和感は「大人の事情」もあるとは思うので、ここでは言及しない。
さて、冒頭の記事は、シンガポールでの授賞式で感じた「日本の評価」についての椎木氏へのインタビューだ。この内容を3行でまとめてしまえば、
*今の日本は「イケてない」、海外から興味を持たれていない

*「日本はイケてない」を日本人だけが認めていない/理解していない

*このままだと日本は自らを過大評価したまま、世界から取り残されていく
・・・というもの。
これを読んで筆者がまず感じたことは、18歳という年齢にもかかわらず、そのあまりに古い考え方だ。現状把握や分析ができていないことは致し方ないとしても、その感覚があまりに前時代的だ。
具体的に同記事での発言を見てみよう。
*今の日本は「イケてない」、海外から興味を持たれていない
現在の日本をどの立ち位置で「イケているか、イケてないのか」と判断するのかはさておき、2016年の訪日外国人の数は、1月〜5月だけで見て972万88200人で、昨年の同時期の753万7679人からの29.1%増である。
東日本大震災が起きた2011年こそ下落しているが、近年の日本への訪日外国人数の増加は著しい。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

■匿名でOK。コメントのみで投稿できるよ!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】