【Q&A】物販も落語も差別化を意識する!? (2018初詣→おみくじ大吉→寄席)

こんばんは、本日初詣に行って大吉を引いた荒木達哉です!
なんて書いてあったか覚えてないけどうれしい!

 

そして、寄席にも行きました。
また落語に興味が出てしまったので通うことが確定しました。

 

さて、そんなこんなで質問メッセージをいただきましたの答えてみたいと思います。

※その方には許可を得て載せています。
※わかりやすく要点だけをまとめて載せています。

 

ーーーここからーーー

 

【Q】現在、物販をやっています。
ニーズがある同じ商品を販売しているのですが、あまり成果がでていません。
どうしたら良いでしょうか。

 

【A】ニーズがあるのなら差別化を意識してみてはいかがでしょうか。

今の販売方法が『普通』だから売れない可能性が高いと思います。

 

いくつか考え方はありますが、例えば、

・1つで〇円、2つで〇〇円、みたいな感じで複数購入してもらうことを条件に値下げをする。

・その商品に、あったら便利だな、嬉しいなと思う商品を付けて販売する。

とか、そんな感じで同じ商品でもあなたから買いたくなる理由を見つけましょう。

 

『差別化』ということです。

是非試してみてください。

 

◆追記

今日僕が行った寄席も同じなんじゃないかと思ったので少し話します。

落語家さんって同じ話(ネタ)を死ぬほどするわけです。

それも、自分だけじゃなくて他の落語家さんも同じ話(ネタ)をします。

 

なんならお客さんもその話(ネタ)は死ぬほど聞いているはずです。
僕ですら何度も聞いた話(ネタ)がいくつかあるくらいです。

 

では、なぜそれでも寄席に行くのか。

それは噺家さんによって全然違う話のように聞こえたり、笑えるタイミングが違うからです。

 

同じ話(ネタ)でも

『普通』に話している、あの人の『まんじゅうこわい』よりも、

『差別化』を図っている、この人の『まんじゅうこわい』の方が聞きたい!

って、なると思うんです。

 

物販も寄席も何でも『普通』じゃなく『差別化』を意識すると結果も変わってくるのではないでしょうか。

 

ちょっと無理矢理だったかな?笑

少しでも参考になれば幸いです。

ーーーここまでーーー

 

と僕は答えました。

皆様ならどうアドバイスしますか?

 

僕自身も勉強になるので教えてくれると嬉しいです!

質問はLINEからお気軽にどうぞ。
いきなり質問メッセージで構いません!

↓ ↓ ↓

 

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非