中国人経営者が商談中にいきなりスマホをいじりだす深い理由

たつぼー
 少し考え方が古い方にはひと言断ってからにするのが無難かも。僕は関係なくいじるタイプで、打ち合わせする方も同じタイプばかりなので揉めたことはありません。 

今年から月に数日、北京をはじめとする中国の都市を訪れて、中国の経営者向けに能力開発プログラムを実施している。初めて中国人経営者とミーティングをした際に、とても抵抗感を持ったことがある。

 初対面の中国人経営者K氏と、中国人通訳と、私の3人でミーティングをした時のことだ。能力開発の必要性を熱く語り合い、意見交換を活発に行っていた最中、突然K氏が自分のスマートフォンをいじりだしたのだ。それも、私にも通訳に対しても、何の前触れも断りもなく始まった。

 当然、会話は中断する。時々、K氏は声を発している。そのうち、とうとうK氏は電話をかけ始めるではないか。私が気づかなかっただけで、通訳には断りを入れていたのではないかと思い、気心の知れた中国人通訳に、しかし、少し遠慮しながら、「K氏は何か緊急の要件ですか…」と問うと、そうではなさそうだという。通訳は、K氏のスマホ操作や会話に遠慮してか、言葉少ない。K氏に限らず中国人ビジネスパーソンとミーティングをするたびに、こうした状況に多く接している。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非