柳井正ファストリ社長「アップル、グーグル、FB、アリババ、テンセントと組む!」

たつぼー
 この前台湾行った時にはUNIQLO覗いてみたけど、日本より少し高めでお客さんあまりいなかったな。 
ファーストリテイリング(FAST RETAILING)の柳井正・会長兼社長は、12日に東京証券取引所で行われた2017年8月期の決算会見に登壇し、使命や商売に取り組む姿勢など経営方針を語った。テーマに掲げたのは、「情報を商品化する企業になる」「生き残るために自ら変わる~有明プロジェクト」「グローバル・イズ・ローカル、ローカル・イズ・グローバル」「グローバルワン・全員経営」「LifeWear(ライフウエア)」「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」の6項目だ。さらにグローバルなデジタル&ハイテク企業との協業についても言及した。以下、柳井社長のスピーチをまとめた。

情報を商品化する企業になる 進化するお客さまのニーズに応える

われわれは激変する時代の中で、どのような企業になりたいのか。本格的なグローバル化、デジタル化が始まります。これは全世界、全産業、全業態で、世界各地で同時に始まって、あらゆる産業に影響を及ぼしている。これは国境の概念とか企業とか、業界の概念を超え、人、モノ、情報の動きが激増し、人と人、物と物、人とモノ、そして情報が綿密につながり、製造業、流通業、サービス業といった業界や業態のボーダーが消滅していくということ。従来の産業は大企業から中小企業まで全てが高度な情報技術を活用し、それぞれの企業の強みを生かし、いかに高い価値をお客さまに提供できるかが問われていると思います。そしてそれこそが存在意義になるわけです。われわれはお客さまのために仕事をする。ファーストリテイリングは今までは商品を企画製造販売する企業だった。今後は情報を商品化する、新しい業態に変わる、情報製造小売業になります。今後は自分たちの特徴を生かして、どんどん進化する、お客さまのニーズに応えられる企業だけが生き残る。その動きの中心にいるのが、アマゾン(AMAZON)、グーグル(GOOGLE)、アップル(APPLE)、アリババ(ALIBABA)、騰訊(テンセント)、そういったハイテク企業であります。彼らはすでにあらゆる領域に入ってきています。それらの企業はわれわれにとって協力者であり、競合先にもなります。さらに世界中のグローバルブランドと協力し、あるいは競合してまいりたいと思います。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスコンサルタント荒木達哉 毎月10万円の収入が増えたら何をしますか? 副業初心者の方や、諦めかけていた人の為のビジネススクール運営 ◆著者・会社以外から複数の収入源の作り方! ◆コラム連載(中央区/天空新聞) ◆ラジオパーソナリティー いつもSNSでのいいね、コメント感謝いたします。 是非、友達追加もよろしくお願いします↓