バイトが辞めない「塚田農場」カリスマ副社長が今夜も店舗に立つ理由

たつぼー
 こういう考え方素敵ですね。人の為に出来る限りのことをする。結果、自分にもちゃんと返ってくるのでお互いに良い関係になれる。素晴らしいです。 

アルバイト・パートの人手不足が深刻化している。リクルートジョブズの調査では、8月時点でアルバイト・パートの3大都市圏(首都圏・東海・関西 )の平均時給は1000円超で過去最高を更新、有効求人倍率はバブル期越えだ。そんな中でも慢性的な人材難といわれる飲食業界で、アルバイト育成と定着に実績を上げているのがエー・ピーカンパニーが展開する「塚田農場」だ。世の効率化・生産性追求の流れとは一線を画し、「アルバイトはお客様」と言い切る働き手重視の人材戦略は、外食産業冬の時代をどう切り抜けるのか。

店舗に立つ副社長

ある水曜日の午後6時半。東京・ベイエリアのビジネス街の一角にある居酒屋「塚田農場」天王洲アイル店は、仕事終わりのサラリーマン客で賑わっていた。店員のはきはきした挨拶や、客の笑い声が飛び交う中、厨房近くに静かに立って、店内に目配りをする男性の姿があった。

大声で采配を振るうわけでもないが、時折店員に指示を与え、店の流れに目配りする様子には、不思議な存在感が漂う。それが、エー・ピーカンパニー副社長の大久保伸隆(34)だ。30歳にして副社長となってからも毎週、こうして店に立つ。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非