藤田社長が「AbemaTV」に“ムキになる”理由

たつぼー
 これはサイバーエージェントだからできることですね。他の企業は始めることすらできないと思う。ただ、資金が底をついた時が終わりになりそう。AbemaTVの収入源が今と同じままだと厳しそうですよね。 

無理なものを何とかするのが仕事

 大手IT企業、サイバーエージェントの藤田晋社長は多忙だ。最近は同社が展開するインターネットテレビ「AbemaTV」を成長させるため、寝不足になるほど自社のコンテンツに触れている。

 祖業である広告に関しては担当役員に任せているという。藤田氏は「指示を仰ぎたくなって僕に相談しても、『AbemaTV』に夢中で他の事業を見ていないことを社員は知ってますよ」と、顔をくしゃっとさせ笑った。

 彼が「ムキになってます」と話すほど「AbemaTV」に入れ込むのは理由がある。きっちりと勝機が見えているのだ。技術は進化し、止まることはない。LTEの普及により、多くのユーザーがスマホで動画を見られるようになった。ネットでの動画サービスを始めるのであれば今がチャンスだ――。前回、「鉄道王に取って代わった自動車王」の話をしたが、彼は動画事業に関しても、まさに今が、変わるタイミングと見ているのだ。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04