パチンコ業界に迫る”2020年問題”! 知られざるその実態をひも解く

たつぼー
 毎年店舗が減っていってるんですね。今回の規制は特にヤバそうなので、仕事がなくなる人が増えそうですね。パチンコ、スロットのプロの方も流石に成り立たなそう。 

平成30年(2018年)2月1日に、新しい遊技機規則が施行される。ネット上では、来年の2月1日以降に現行機はすべて撤去される等の噂がまことしやかに囁かれているが、実際はそうではない。ほとんどの現行機は、通常の入替えによる撤去を除き、2月1日以降もそのままホールに設置されているはずだ。

パチンコ・パチスロ遊技機は、都道府県公安委員会の許可(検定)を得れば、3年間は設置することが可能である。また検定期間の3年間が終了しても、再度公安委員会の許可(認定)を得れば、更に3年間は設置することが許される。一般的にホールは、購入した遊技機を6年間使用することが出来るのだ。

今回の規則改正には、経過措置期間が設けられている。規則が変わったからといって、一気に全台撤去するというのは現実的ではなく、ホールの費用負担はもとより、遊技機を製造するメーカーの生産も追いつかないからだ。

今回の規則改正に関わる経過措置期間は、最大で3年間である。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04