広告宣伝費の「比率が高い200社」ランキング上位には新興のネット関連企業が多数登場

たつぼー
 以前、売上げの半分は広告費に回した方が良いと学んだ事がありその感覚で読んでました。タイミングや業種なんかにもよるのだろうけど、4分の1くらいでも良いのかなって思えてきました。 

われわれが生活のあらゆる所で目にする広告。東洋経済オンラインでは、独自調査した2017年度版の広告宣伝費に関するランキングを配信している。9月10日に配信した「『広告宣伝費』が多いトップ300社ランキング」には、多方面から反響が寄せられた。企業規模の大きな会社ほど上位に目立ったが、金額の多寡以外にも広告宣伝の積極性を測る見方がある。

前回配信した広告宣伝費が多い会社ランキングでは、企業規模の大きな会社ほど上位になりやすい。もちろん、こうした会社の広告宣伝費は額が多いので広告主として目立つ存在だが、売り上げ規模に対する割合でみれば数%の水準だ。

そこで今回は、売上高に占める広告の割合の大きい会社のランキングを紹介する。ランキング上位の広告宣伝費は、金額的には10億~100億円程度。だが、会社の売上高の半数を広告に投下する企業もある。絶対額で見たランキングとは、上位企業の顔ぶれが大きく変わり、業種に注目するとサービス業と情報通信業がずらりと並ぶ。

1位のネット企業は売上高の65%が広告宣伝費

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04