東京マラソン 来年の応募者は約32万人 倍率12倍に

たつぼー
 確か参加費一万円とかだったと思うんだけど、値上げすれば倍率下がると思うんですよね。他のマラソンも少しずつ値上がりしてるらしいし問題ないと思うのですが… 

来年2月に12回目を迎える「東京マラソン」の応募が締め切られ、フルマラソンの応募者はおよそ32万人とこれまでで2番目に多くなり、ことしの大会と同様、倍率は12倍の人気となっています。

平成19年に始まった東京マラソンは、新宿区の東京都庁をスタートし、銀座や浅草など東京の名所を駆け抜け、東京駅前でゴールする国内最大規模の市民マラソンです。

12回目となる来年は2月25日に開かれ、主催する財団がフルマラソンの一般参加枠を2万6370人として募集したところ、8月31日の締め切りまでに31万9777人から応募があったということです。

応募者の数はことしに次いで2番目に多く、倍率はおよそ12.1倍の人気となっています。

東京マラソン財団は「ことしの大会から終盤のアップダウンがなくなるなど、好記録を狙えるコースに変わったことなどから、走りたいと思う人が来年も多いのではないか」としています。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】