まさら聞けない! 起業時の資金調達方法には何がある?

たつぼー
 なるべく、初期投資のかからないビジネスをやればいいと思います。それか、今の時代だからこそできるクラウドファンディングなら、出資はもちろんてすが、ニーズがあるかも分かりますので一石二鳥ですね。 

起業を考えた時、事業計画書をまとめていくことはとても重要です。ビジネスコンセプトやマーケティング戦略などを具体化していくなかで、何にいくらかかるかお金の使いみちも具体化していきます。

そのお金を集めなければ事業計画は実行できません。なんらかの形でお金を確保する必要があるのです。あらためて、起業時の資金調達方法について整理してみました。

1.自己資金

自己資金とは、自分でコツコツと貯めてきたお金(預金)のことです。起業を考えたら、まずは自分でコツコツとお金を貯めることが重要です。

自分の貯金だけで足りない場合は退職金や株式や投資信託の売却、親族から贈与を受けるなどの方法も検討しましょう。この自己資金がいくら用意できるかが、資金集めの出発点となります。

2.創業融資

起業資金のうち、自己資金でまかなえない部分については、公的融資の借入れをするのが一般的です。信用力がないスタートアップ期には、民間金融機関から通常の融資を受けることが難しく、公的融資が頼りになります。

創業時の公的融資としては、主に(1)日本政策金融公庫の新創業融資制度、(2)都道府県、市区町村などの制度融資があります。

(1)日本政策金融公庫 新創業融資制度

日本政策金融公庫とは、日本政府が100%出資する中小企業への融資を専門に行う銀行です。政府が株主の会社ですから、国の政策目的である、中小企業や小規模企業、農林水産業などの経営の成長・安定や地域経済の活性化、金融安定などを支える金融支援を行うことを目的としています。

その中で起業家を増やすことも政策目標となっていますので、新創業融資という起業家向けの制度も用意し、起業家への融資を積極的に行っています。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04