「週休3日制」企業続々 収入や業務量はどう変わる?

たつぼー
 業務量は変えなくてもいいんじゃないですか?そんなに忙しい人っていないと思います。短い時間で集中してやれるようになればいいだけです。というか、給料下がっても休みが欲しい人とそうじゃない人がいるから選んでもらったらいいと思います。 

週休3日制を導入する企業が増えているそうです。全体で5.8%、実に10年前の倍になっているのだとか。

しかし、その一方、従業員にとっては「雇用形態や収入などの待遇が下がるのでは?」「業務量が変わらなかったときのしわ寄せはどうなる?」など週休3日制への不安がつきまとい、“休みが増えた”と手放しでは喜べない事情も……。

こうした従業員の不安を解消するために、各社さまざまな方法で週休3日制を導入しています。生命保険会社で初めて週休3日制を導入した企業では、どのような工夫をしたのか話を聞いてみました。

「週休3日制」のさまざまなかたち

“ブラック企業”という言葉が一般化し、長時間労働の是正をはじめとした“働き方改革”が叫ばれるようになりました。その流れの一環として、「週休3日制」を取り入れる企業が増えています。

今年6月、佐川急便は宅配ドライバーの人手不足解消をねらい、一部地域の正社員を対象に週休3日制を導入すると発表。また、ユニクロを展開するファーストリテイリングでも地域正社員を対象に週休3日制を取り入れています。

両社とも、週休2日制の場合は1日8時間勤務なのに対し、週休3日制になってからは10時間勤務となったそう。1日あたりの勤務時間を長くし、週当たりの労働時間はそのままに週休3日制を採用しています。

他方、勤務時間は変えず、休みが増えた分の収入を減らすという方式を採用する企業もあります。Yahoo!は育児・介護を両立している社員を対象に、土日の休日に加え、1週あたり休暇を1日追加取得でき、その制度によって取得した休暇分は無給とする「えらべる勤務制度」を導入しています。

1日の勤務時間を長くするのか、収入を減らすのか。対象を育児・介護を両立する社員にするのか、希望する全社員にするのか――。週休3日制といっても、さまざまな働き方があるようです。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04