組織を引っ張るためには「夢を語るしかない」

たつぼー
 経営側であれば夢を語っていたいし、従業員であれば夢を語っていて欲しいですね。ゴールはここだから今はこれをしてるみたいのが常にあればわかりやすいですよね。 

ネットリサーチの国内最大手、マクロミルを創業した杉本哲哉氏(現在はキュレーションアプリ「antenna*」を運営するグライダーアソシエイツの社長を務める)。マクロミルは、時間とコストが掛かっていた既存のマーケティングリサーチをIT化によって変革し、圧倒的に早くて、安いリサーチサービスを実現。創業からわずか5年で同社を東証1部上場へと導いた。

前回は、「創業のきっかけ」を中心にお伝えした。今回は「上場」と「マネジメント」にまつわるエピソードをお伝えする。

「資本家になりたかった」

グライダーアソシエイツの本社は六本木ヒルズにある。入口左手には旅客機の実物大の胴体が置かれ、内側は会議室になっている。眺望は「超ゴージャス」と言っていい。

そんなオフィスで、杉本氏が学生時代を振り返る。大学生だった頃の彼は東京の風呂なし貧乏アパートに住んでいた。そこでこんな夢を描いていたという。

「お金持ちになりたかったわけじゃないけど、資本家にはなりたかったんです。大学の卒業旅行でドイツを訪ねたとき、飲み屋で貴族の青年と意気投合しました。彼は豪邸に住み、既にいくつもの会社を経営しており、ヘリコプターで移動するような生活をしていました」

その青年の話は面白く、杉本氏は思わず引き込まれた。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04