時価総額1兆円。ゾゾタウンが「百貨店の王座」を奪った日

たつぼー
 凄いですね!おめでとうございます。百貨店でしか拾えない層ってのは必ずあると思います。ただそれだけじゃ成り立たなくなってきたのですね。時代の変化について行けないと本当に手遅れになる。勉強になります。 

歴史的な「チェンジ」

その日は、日本における小売業の「王様」が、完全に入れ替わった日として記憶されるかもしれない。

2017年8月1日。ファッション通販サイトの「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイの時価総額が、ついに1兆円の大台を突破した。

1998年に創業者の前澤友作が立ち上げたこの会社は、海外の音楽CDやレコードの通信販売から始めたベンチャー企業だ。それが今や、一流ブランドを含む1000近いショップが出品する、ファッション界の巨大プラットフォームに化けた。

さらに2017年度は、これまでにないコンセプトの新しい洋服をプライベートブランドとして発表すると、公言している。期待は高まるばかりだ。

対照的なのが、かつてファッション業界に君臨していた百貨店のトップ企業、三越伊勢丹グループだ。

その伝統とブランドだけでは、もはや成長は望めない。そんな衰退を背景に、経営トップが事実上の“解任”にあった今春の大騒動は、読者の記憶にも新しいだろう。

時価総額では、スタートトゥデイの半分以下である約4400億円(8月4日時点)と低迷。2017年3月期の決算で、歴史上初めて、営業利益の金額でもこの新興企業に追い抜かれた。

新興企業の「成長の20年」と、伝統企業の「衰退の20年」。その数字上の交差点が、ついに2017年に訪れたのだ。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04