「VALU」やめました やめるのは、とても大変でした

たつぼー
 いまいち意味がわからなかったな。なんで辞める必要があったのか、VALU関係ないじゃんってっことなんですけど。VALUの売り出し方も酷いし、やっぱりこういう人っているんですね。 

自分の価値「850万円」にホクホク

VALUを始めるのはとても簡単。VALUの売り出し(「私のおサイフにお金を入れて下さい」と募ること)も簡単。あまりに簡単だった。「新しいSNSに参加する」ぐらいの感覚だ。

まず、VALUに会員登録する。Facebookアカウントを連携させればすぐに登録できる。VALUの売り出しは、サイト上のメニューに従って「審査」に申し込むだけでOK。筆者は6月初めごろに申請し、数日後にあっさり承認された。「申請したのに承認されなかった」という話は聞いたことがなく、審査は甘いようだ。

ユーザーのVALUの「価値」の指標になる最初の「時価総額」(おサイフの大きさ)は、VALU側が一方的に決める。その額はSNSのフォロワー数で上下し、フォロワーが多ければ価値が高く、少なければ価値が低くなる。筆者の場合、Twitterのフォロワーが3万人近くいるので、時価総額はなんと「850万円相当」とのこと。

「これは高いんじゃないか……!? すごいぞ! もうかりそうだぞ!」。当時の筆者は興奮していた。

VALU発行者は、この時価総額を一定の株数(VALU数、単位は「VA」)に「分割」し、切り売りできる。いくつに分けるかも選べるため、筆者は「5000」に分割した。理由は、「分割数候補の中で、一番多かったから」。安易だ。

その結果、1VA当たりの価値は、850万円÷5000=約1700円(0.05641BTC)になった。

ちなみに今筆者は、「時価総額」や「分割」を解説しながらこの記事を書いているが、当時の筆者は全く分かっておらず、「多い」=「すごい」ぐらいにしか思っていなかった。売り出しVALU数も多い方がすごいに違いないと、発行した5000VAを一気に売り出したのだ。大セールだ。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04