ゾゾ子会社が副業解禁などの新人事制度を発表、宮崎県の地方創生目指す

たつぼー
 これはいいですね。実際、副業OKにしててもやらない人が殆どなので、OKにしておいた方が見せ方としても絶対いいですよね。副業やる人も応援してもらえたら嬉しいで、どちらにしてもお互いにメリットありそうです。 

「ゾゾタウン」を手がけるスタートトゥデイの子会社アラタナ(宮崎市、濵渦伸次・社長)が新卒給与の改定や副業の解禁などを含む新人事制度を発表した。宮崎県に拠点を置く同社が地方創生と採用強化を目指し、2018年4月1日から学歴を問わずに新卒社員の給与を18万円から25万円に改定する他、 副業の解禁、 フレックスタイム制の導入を実施する。副業については、社外プロジェクトに個人事業主として参加する、もしくは自ら法人を設立してサービス開発をするなど、 本業に還元できる副業を公式に許可する。

また、人事に関して、管理職の道を歩むマネジメントコースと 専門職としてスキルを究めるエヴァンジェリストコースの2つを準備する。加えて、エンジニアを目指す社員のために エンジニアチャレンジ制度を用意。プログラミングの未経験者でもエンジニアに職種転換できるよう、半年~1年間の期間をで資格取得に向けた教育を提供する。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】