これからの時代は「10万円の収入源をいくつも作れる人」が最強

たつぼー
 ただ作業が増えるだけなんで最強ではないですよ。必ず限界を迎えます。確かにリスク分散は必要ですが、0から1を生み出すより1を10とか100にした方が確実に楽です。均等に分ける意味がわからないです。まぁ、その人の目標によりますけどね。 

会社員やりながらブログ書いています。最近ブログで稼げるようになってきて、10万円の収入源をいくつも作れる人が最強なんじゃないかって思っています。

「パラレルキャリア」という言葉が流行っていますね。

 パラレルキャリア(英語:parallel career)とは、ピーター・ドラッカーが著書『明日を支配するもの』等にて提唱しているこれからの社会での生き方のひとつ。現在の仕事以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加することを指す。

ピーター・ドラッカーの著書によると、歴史上はじめて人間の方が組織よりも長命になったために、人は組織のみに頼らず、それとは別に第2の人生を始める必要が生じたという。その第2の人生のひとつがパラレルキャリアである。

非営利活動も含むため、収入が主目的の「副業」とは異なるとされていますが、会社に依存せず、いろいろなことに挑戦していくライフスタイルが注目されています。僕も新聞記者で、定年まで絶対に会社が潰れると思っているので、そのときにゼロにならないように、常に先のことを考えているつもりです。

 10万円の収入源

僕は現在月10万円以上の収入源が2つあります。

サラリーマンとしての給与ブログアフィリエイト

10万円を稼ぐっていうのは割と労力のいる作業。学生がアルバイトで10万円を稼ぐとなるとかなりの時間を割かなくてはいけませんし、平日のほぼ全てを捧げているサラリーマンはその対価に給与をもらっています。

アフィリエイトでも、メルカリ転売でも、クラウドソーシングでも、10万円を稼げば立派な収入源。いわば一人前な訳です。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04