アパレル300兆円市場、3つの勝ちパターン —— ユニクロ、無印、鎌倉シャツに学ぶ日本企業の生き残り戦略

たつぼー
 ZOZOTOWNスタイルだと思ってたら出てこなかった笑 3つの中だったら高付加価値型がいいな。あと、なぜマスボリューム市場のシェアが拡大するのかわならなかったのでもう一度後で読み直します。。 

百貨店やショッピングモールの閉鎖が相次ぎ、小売業の崩壊が叫ばれるアメリカ。日本でも人口減少を背景に、アパレルは苦戦を強いられている。

しかし、世界的に見ればアパレル産業は依然、成長産業だ。

ドイツを拠点とするヨーロッパ最大の経営戦略コンサルティング、ローランド・ベルガーの報告書によると、2015年に1兆3060億ドル(約146兆円)だったアパレル産業全体の市場規模は、2025年には2兆7130億ドル(約300兆円)に倍増する。その成長率は年平均3.6%、物価変動を加味した名目ベースでは7.6%だ。日本の2016年度のGDP成長率1.2%を考えれば、その成長力はたくましい。

3つの勝ちパターン

しかし、現実は厳しい。アパレルが成長産業とはいえ、そこには明らかな勝者と敗者が存在する。店舗の閉鎖が相次ぐ小売業は残念ながら後者だろう。では、グローバルにおける勝者に共通するパターンとは何か。ローランド・ベルガーは次の3つに分類する。

高付加価値型

ストーリーやクリエーティビティをベースとした付加価値「ブランド」を創り上げることで高い収益を生む。カテゴリー拡大(ライフスタイル化)によるブランド力と収益性の両立がポイント。中には粗利が95%に達するブランド商品もある。

例:エルメス、LVMH、バレンティノ、プラダ、ケリングなど

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

1984年生まれ・千葉県柏市出身、船橋市在住・AB型。趣味は、旅行・アニメ・パズドラ・自転車を少しと、ビジネスプランを考える事です。たくさんの方から質問・相談頂いてますので、何かあったらお気軽にどうぞ。最近スポニチに掲載されました。ということでSNSの友達もヨロです。