20代は大企業での下積みに耐えるべきか——僕がドコモを1年で辞めベンチャーに転職した理由

たつぼー
 自分の好きなようにすればいいと思います。大手だろうがベンチャーだろうが入社して仕事してみないとわからない事もあるし。でも、嫌だけど文句言いながら過ごしてる人より、この方みたいに行動していくのは素晴らしいと思う。 

「自分のことは自分で選択したい」と考えた。

異動を待つのはギャンブル

「決めるのは会社であって、自分ではない。異動を待つのはまるでギャンブルだ、と思いました」

新卒でNTTドコモに入社した升井優さん(26)の最初の配属先は、埼玉県の支店だった。担当は法人営業で、圧倒的な大手ならではの既存顧客の囲い込みが中心だ。企業や役所に新サービスの提案に回った。

入社後3年は下積み期間として営業をやるのが、事務系社員の新人が通る道だ。その先、本社に行くのか。支社へ行くのか。何の担当になるのか。当然ながら、まったく分からない。 日々の営業の仕事も、「勉強にはなったが、5年、10年先の自分が容易に想像できてしまった」

大阪府出身の升井さんは、京都大学で経済経営学を学んだ。

「将来はグローバルでマーケティングをやりたいと漠然と考えていて。大手企業の短期インターンに複数参加し、働いている人に好感が持てて社会的影響力も強いドコモに即決しました」

入社してみて分かったことは正直、たくさんある。国内市場で十分事業が回っているので、海外開拓にそれほど力は入れていないと感じた。大きな案件を動かすにも気の遠くなる承認フローが待ち受け、自分で案件を提案し回していくハードルが高すぎる。「退屈すぎてこのままでは、まずい」と思い悩むようになった。

「週末に同期や友達と集まって同じような愚痴を言っていても、何も変わらない」

ただ、英語を磨いて海外で仕事をしたいと思っていても、じゃあ具体的にどうするのか、という考えはなかった。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04