ハワイで「べーシック・インカム」の導入が本気で議論されている事情

たつぼー
 僕はベーシックインカム賛成派てす。日本ももっとしっかり考え始めないとまずい気がしますが。 

ハワイの州議会が2017年6月、「べーシック・インカム」を導入すべく作業部会を設立する法案を可決したというニュースをご存じだろうか。いま、このことが全米で話題になっている。

ベーシック・インカムという言葉が近年注目を集めているのはご承知の通り。すべての市民に対して、必要最低限の基本的な生活費を賄えるよう、政府が無条件で所得を給付することを言う。市民が仕事をもっていようが無職だろうが関係なく、一律に現金などを支払うという制度である。

ベーシック・インカムという言葉をよく目にするようになった理由は、著名な起業家などが次々とこのアイデアに賛同しているからだ。例えば、フェイスブックの創始者であるマーク・ザッカーバーグは、母校ハーバード大学で卒業生に向けた2017年のスピーチで「世界的なベーシック・インカム」の導入について言及している。

またテスラ・モーターズのイーロン・マスクも、2017年にドバイで開催された世界的サミットで、「何らかの形の世界的ベーシック・インカムが必要になるだろう」と語ったことでニュースになっている。

その制度が、本当にアメリカで始まるかもしれないというのだ。それも、ハワイで。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04