長友佑都、会社設立の背景にあるのは「危機感」

【たつぼーのひとこと】
やっぱ本田さんもこの人も考える事は面白いですよね。できる人は何でもできるんですね。


サッカー日本代表の長友佑都は、6月に自らが代表取締役となり運動や食事、健康などに関連する事業を展開する会社を設立。長友は会社設立の背景に自身の「危機感」があったといいます。

海外で過ごすなかでまだまだ世界は広いし、すごいヒトがいっぱいいることを知った長友は「変化が激しい中、日々進化して成長していかないと、すぐに切り捨てられてしまうんです」と危機感を感じたそう。

「これまで多くのアスリート、サッカー選手が現役を引退して、セカンドキャリアでなかなか夢が持てない状況を見てきた。自分はそうはなりたくない」とも話しています。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

1984年生まれ・千葉県柏市出身、船橋市在住・AB型。趣味は、旅行・アニメ・パズドラ・自転車を少しと、ビジネスプランを考える事です。たくさんの方から質問・相談頂いてますので、何かあったらお気軽にどうぞ。最近スポニチに掲載されました。ということでSNSの友達もヨロです。