【男の腕時計】予算50万円で“威張れる”ブランドを手に入れる

【たつぼーのひとこと】
僕も70万位で買ったフランク・ミュラー持ってますよ( ^ω^ )でも、いつも付けてるのは18歳の時にネットビジネスで初めて稼いだ時に10万で買ったGUCCIの腕時計です。まぁ、そーゆー事です。


一般的に“50万円”という価格はかなり高額なのだが、本格的な時計を手に入れようと考えると、ここからが勝負となる。今や実用品とは言えなくなった腕時計に大枚をはたくのは酔狂なことだが、歴史と名声を持つブランドたちの時計には、相応の魅力があるのだ。

■高級時計は嗜好品。だからこそ“高価”に意味がある

これを言ってしまうと元も子の無いのだが、「スマートフォンを持っているから、腕時計は不要」という言葉には説得力がある。現在時刻を知りたいと思ったときに、日本でも海外でも正確な時刻を示すスマートフォンはとても便利なツールである。
ところが実際には腕時計の市場は堅調に伸びており、この15年で日本におけるスイス時計の市場規模は、日本円換算で約2倍にも膨らんでいる。

これは不思議な現象だ。デジタルカメラの誕生でフィルムカメラがほぼ消滅し、パソコンの普及でワープロがなくなった。それなのに腕時計が生き残っているのは、完璧に“嗜好品”へと鞍替えしたから。手首という人体の一等地に収まり、あからさまにブランドロゴが入っている腕時計は、それ自体が自己主張となるアクセサリーなのである。
こうなると、選ぶ時計にはある程度の知名度があり、周囲の視線を惹きつけるだけの存在感がなければ意味がない。嗜好品に大枚をはたくのだから、「いい時計していますね」と思ってもらえないと意味がないのだ。

そこで、50万円前後という価格帯が大きなターニングポイントになる。この価格帯であれば、100年以上の歴史を持つ老舗の有名ブランドが射程圏内に入る。しかもブランド規模が大きいため、熱心なプロモーション活動を展開しており、知名度も極めて高い。つまりロゴマークを見ただけでも「これはいい時計だな」と周囲から気付いてもらえるだろう。

もちろん嗜好品なのだから、好きなモノを着けたいという人もいるだろう。しかしあまりにもマイナーな時計ブランドの場合、周囲から褒めてもらえないだけでなく、後々のアフターサービスに不安を残す場合もある(代理店と契約解消することも少なくないのだ)。その点名のあるブランドであれば、会社や代理店がなくなることがほぼないし、アフターサービス体制も万全だ。メジャーブランドは、“高い品質”と“高い認知度”、そして“高い安心感”を得られる“3高時計”ということ。ゆえに大枚をはたく甲斐があるのだ。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

■匿名でOK。コメントのみで投稿できるよ!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】