いよいよバブルが崩壊か、今度は「自動車ローン」の危機に直面

たつぼー
 今時、車買うとか考えられないな。必要な時に必要なランクの車に乗れるんだから。あ、腐るほどお金があれば別ですよ笑 

ローン期間が「超長期」の自動車ローンの比率が米国で急激に高まっている。しかもこの層ではサブプライムローンが3割近くあり、そしてローン破綻も急激に増加している。2008年のリーマンショックにつながったのは住宅ローンの破綻だが、今度は自動車ローンも危険水域に近づきつつあるというわけだ。全体のローン件数で見ると、トップ10にはトヨタ、ホンダ、日産らの金融部門も含まれており、日本にとっても決して対岸の火事ではない。

新車販売で増える「超長期ローン」

米国の新車販売は今年4月の時点で年間の販売台数予測1663万台、と当初の2017年予測1730万台よりも少ないものの、一応の好調を保っている。しかしこの数字はディーラーによるインセンティブ、特に安い自動車ローン金利提供などで成り立っている面があり、今年後半から数年後にかけての新車販売には不安がつきまとう。 

中でも最も問題とされているのが、73~84ヶ月という超長期のローンが過去数年間で急激に増えている、という点だ。エクスペリアン・オートモーティブによると、2009年にはこうした長期ローンは全体の11.7%を占めるに過ぎなかった。 

ところが2017年になると33.8%もの消費者が長期ローンを選んでいる。しかも長期ローンの中でも、2010年にはおよそ7割が75ヶ月以下を選択、84ヶ月ローンを組む人は17.1%だったが、2016年にはその数字は28.7%に増えている。

続きを読む

■シェア!シェア!シェア~!

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

お友だち追加してくれた方全員に!
【もれなく3つの特典プレゼント中!】

【プレゼント1】
『荒木達哉のLINEスタンプ無料配布!』
・発売中ですが、買わずに僕から無料でもらってください。
【プレゼント2】
『会社以外から複数の収入源の作り方!』
・これを教えているWebサイトの入室パスワード7つを全て無料配布!
【プレゼント3】
『SNS自動フォロワー増加ツール』
・ビジネスにはSNSを使った情報発信が必要不可欠です。
・そのスタートダッシュを決める為に是非活用して下さい!

ta04

※自動返信でスグにお届けしてます!

■匿名でOK。コメントのみで投稿できるよ!