すでに予約100件! スノーピーク新グランピング施設の魅力を体験

たつぼー
 キャンプはそんなに興味ないけど、グランピングは行ってみたいな!ここ海も見えてめっちゃ良さそう。 

スノーピーク(SNOW PEAK)と京浜急行電鉄が6月9日、神奈川県横須賀市の観音崎に「スノーピーク グランピング京急観音崎」をオープンした。同施設は観音崎京急ホテルが運営を行うグランピング専門の宿泊施設で、利用者は隈研吾がこのために設計したモバイルハウス“住箱”に宿泊することができる。客室数は3室(1室2人まで利用可能)で、料金が1泊2食付きで2万5000円〜と決して安くはない価格設定だが、すでに100件以上の予約が入っているという。

観音崎は神奈川県の南東部・三浦半島に位置する。東京からは京急線を乗り継いで約90分の馬堀海岸駅が最寄り。駅からバスで15分ほど走った場所にある自然豊かな海岸沿いだ。山本理顕建築の横須賀美術館をはじめ観光スポットが点在するひっそりとした観光地でもある。

9日に行われた内覧会のために、実際に現地に赴いた。乗り継ぎこそ多いが、それほど疲れる距離ではないと感じた。お目当ての“住箱”も、想像していたほど狭くはない。約14.7平方メートルの空間には「シモンズ」製のダブルベッドと「スノーピーク」のソファ・テーブルが配置されているだけで、テレビはない。代わりにベットの足元とソファの先には高さの違う大きな窓が2つあり、景色を楽しむことを最大の魅力としている。温泉施設はホテルにあるものを自由に利用できる。もちろん、クーラーやドライヤー、鏡、虫よけグッズなど備品は部屋に完備されている。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

■匿名でOK。コメントのみで投稿できるよ!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】