節約ではなく賢約生活をしましょう

たつぼー
 無駄遣いを無くすのも大切ですが、家賃、光熱費などの固定費がかかっている以上、節約には限界があります。なので、節約は少しにして、収入を上げたほうが楽だし手っ取り早いと思います。 

老後のための資金を用意するためには、資産運用も重要ですが、まずは原資となる運用資産を増やす事です。1000万円を運用で1200万円に増やすのは幸運が必要ですが、200万円だけ余計に貯金する事は努力と工夫次第で何とかなります。最も重要なのは、老後も働いて収入を得続ける事ですが、支出を抑える事も同じくらい重要です。
「支出を抑える」と聞くと「遠くのスーパーまで発泡酒の安売りを求めて歩いて行く」というイメージがありますが、その前にするべき事があります。生活を見直すことです。

あなたの入っている生命保険は必要ですか?

生命保険は、期待値を考えれば「損な取引」です。保険会社が支払う保険金額を予想して、それに保険会社のコストや利益を上乗せして保険料を決めているのですから、当然ですね。それでも、保険に入る必要がある人は、損得と関係なく保険に加入すべきです。たとえば、専業主婦と幼子を養っている会社員は、自分に万が一の事があったら妻子が路頭に迷う事になりかねませんから、リスク回避のための生命保険は必要でしょう。

では、シングルの方は生命保険に加入すべきでしょうか?
共働きで子供がいない夫婦ならばどうでしょうか?
「自分が他界したら、誰かが路頭に迷うだろうか?」と考えてみましょう。悲しんでくれる人はいるでしょうが、路頭に迷う人はいないかも知れませんね。それなら生命保険は不要ですね。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

■匿名でOK。コメントのみで投稿できるよ!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】