ローソンが移動販売店3割増へ。介護用品の取り扱いも

たつぼー
 これいいですよね。移動販売の方が利益率高いだろうし、田舎ならお客様も喜ぶし、こういうみんながいい思いができるビジネスっていいと思うな。 

ローソンは2018年2月末までに、車による移動販売を現在比3割増の全国200店舗で始める。チルドや冷凍など四つの温度帯の製品を販売する車と、常温品を販売する車を地域特性ごとに使い分け、対象範囲を広げる。8月末までには介護用品も取り扱う予定。移動販売に関心を持つ店舗は増えており、ローソンは拡大とともに採算性も高めていく。

現在は70店舗が移動販売を実施している。ローソンが販売車など必要な機材を導入し、店舗が運用する。四つの温度帯に対応可能な軽トラックの移動販売車は20台導入しており、100台にまで増やす計画。冷凍食品や弁当などのほか、日用品を販売する。

その他の店舗は軽バンなどを用いており、これも増やす。野菜や日用品、雑誌など常温商品を取りそろえる。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04