LookとShow。新製品から見えるAmazonの3つの戦略。

たつぼー
 凄いけど怖いなぁ。どんな感じかまだよく分からないけど、めちゃくちゃ色んなデータ取れるんでしょ?でも…便利になるならいっか笑 

4月のFacebook f8(ブログ:「AIの進化で実現したスマホARのオープン化」)に始まった大手テック企業の開発者会議シリーズ。先週は、シアトルでMicrosoftの Buildが開催されました。

昨年は、HoloLensの開発キットの出荷開始や直前にBotがいきなり人種差別的発言をするなど大いに注目を集めていたため「「ヒトラー礼讃Bot」の先にある「ナイトライダー」の世界 : Microsoft 「Build 2016」」というエントリを書きました。実際にこの後にFacebookも続き、Bot / 会話型UIはエコシステムを形成し、非常に大きな存在となってきています(Scrum Venturesでも、Snapchat初のアクセラレータにも選ばれているBot解析プラットフォームの Dashbotに出資しています)。

今回も、VRヘッドセットの発売開始($299というインパクトのあるプライス)、Cortana搭載スピーカーの発表(Echo競合 / Skypeで通話可能)、動画編集ソフトの発表( AIによる自動編集 + 3Dモデルのクラウドソース)などがあったのですが、今ひとつインパクトに欠ける内容でした。

一方で、4/26に「Echo Look」、5/9に「Echo Show」と、Amazonから注目に値する新コンセプトのハードウェア製品が次々と発表されました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04