商品にストーリーを付けよう!

たつぼー
 利用シーンの訴求と同じですね。確かにこれは効果的だと思います。お客様に自分が使ってる、体験している事をイメージしてもらうとより話がはいってきます。 

数年前から「ストーリー戦略」というものが注目を集めています。米国では「パワーポイントを捨ててストーリーを語れ!」と叫ばれ、映画脚本家(指導者?)のロバート・マッキーがビジネス講演会で引っ張りだこになっているそうです。

ストーリーの構成要素については拙著でも触れていますが(「話し上手はいらない」等)、ストーリーは講演やプレゼンだけに応用するだけのものではありません。

実は、あなたが扱っている商品やサービスにも必ずストーリーが秘められているのです。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスコンサルタント荒木達哉 毎月10万円の収入が増えたら何をしますか? 副業初心者の方や、諦めかけていた人の為のビジネススクール運営 ◆著者・会社以外から複数の収入源の作り方! ◆コラム連載(中央区/天空新聞) ◆ラジオパーソナリティー いつもSNSでのいいね、コメント感謝いたします。 是非、友達追加もよろしくお願いします↓