やればできる。死に体の日本マクドナルドを黒字化させた「鬼」改革

【たつぼーのひとこと】 今まで全てが中途半端だったよね。安くも無いし、こだわりも無いし、美味しくもない。その上不祥事を繰り返す。今となっては別に無くてもいいものだもんな。一時的な復活にならなきゃいいけど。


度重なる不祥事で一時は「再起不能」とまで囁かれたマクドナルドですが、2016年第1四半期の営業損益でが1億5,000万円を超える黒字となりました。多くのエコノミストたちが悲観的な見立てをする中で見せた復活の兆し。その勝因はどこにあるのでしょうか。メルマガ『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』では、マクドナルドの戦略を読み解いています。

日本マクドナルドの黒字転換から中小企業が学ぶべきこと
日本マクドナルドホールディングスは、5月11日に2016年1-3月期(第1四半期)の連結営業損益が1億5,100万円の黒字となった。前年同期は、99億6,200万円の赤字で、営業損益ベースでは実に7四半期ぶりの黒字とのこと。いっとき、期限切れ鶏肉問題や異物混入問題などで落ち込んでからの黒字転換を受け、様々なメディアで、「マクドナルド復活か!」との文字が躍っている。営業損益が黒字化する、ということは、「売り上げが上がる」か「コストが下がる」またはその両方によって成立するため、売り上げ増とコスト削減の両面から考えてみる。

まず、コスト削減に関しては、不採算店約130店舗の閉店を実施したとのこと。外資系企業らしく「短期的に」利益を改善する一手を打った。もう一点は既存店の活性化のために店舗改装を行ったという(以上ロイターより)。これは逆に、優良店舗をさらに押し上げていこうとする「中長期的な視点」であり、マーケティング的な視点から見ると一種の投資と見える。売上高の方は、平成28年度1-3月期で、対前年比19億円、23.0%の増加。新しい試みが功を奏しているように見受けられる。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

1984年生まれ・千葉県柏市出身、船橋市在住・AB型。趣味は、旅行・アニメ・パズドラ・自転車を少しと、ビジネスプランを考える事です。たくさんの方から質問・相談頂いてますので、何かあったらお気軽にどうぞ。最近スポニチに掲載されました。ということでSNSの友達もヨロです。