倒産減っても休廃業・解散が最多 中小苦境

たつぼー
 世の中の流れに付いていけないものが減っていくのは普通な事だと思う。廃業する人と後継者のマッチングを考えても内容が変わらなければきっと同じ事が繰り返されるだけだから、もっと他の何かを考えないと。僕には思いつかないなぁ・・。 

2016年に休業、廃業したり解散したりした会社の数が2万9500件を超え、過去最多を更新する見通しとなった。3年ぶりに増加に転じる。後継者難や人手不足など先行きへの不安から、経営が行き詰まる前に自主廃業を選ぶケースが増えている。09年以来、8年連続減っている「倒産件数」の統計には表れない中小企業経営の苦境が浮かび上がる。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04