2017年、ビットコインの「これから」

たつぼー
 ビットコインはあくまでも暗号通過で、大事なのはブロックチェーンの技術がどのくらい信用できるか。って事でいいのかな? 

2014年の「ビットコイン・カンファレンス」に姿を現したサークル・インターネット・フィナンシャル(以下サークル)が約束したのは、デジタル通貨をメインストリームに乗せることだった。しかし、同じ時期に同じような計画を抱いていた多くのスタートアップと同様に、彼らのミッションはいまや、違うものとなっている。
2016年1月のサンフランシスコで、サークルCEOのジェレミー・アライルとコーヒーを飲んだときもそうだった。彼は慎重に、自身の会社の目的はビットコイン事業にあるのではなく、新しいスマートフォンアプリで人々が友人や家族と「古き良きドル」を簡単に交換するのに役立つことにあると言っていた。たしかに、先日発表された通り、サークルはもはや顧客がビットコインの売買をする場ではない。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04