グーグルとフェイスブックの例に見る働きがいのある企業文化の築き方

たつぼーのひとこと
 成功している企業は社員を大切にしてる事が多いよね。結果良い人材が流出せずに成果を上げてくれる。これはたまに言うんですけど、会社と社員は恋人同士って感覚でいます。お互いにメリットが感じられなかったら成り立たないし、その逆であればずっと一緒にいられます。 

幸福な社員は生産性が高い。そして、生産性の向上が利益の増加につながることは誰もが知っている。意識調査機関「グレート・プレイス・トゥ・ワーク(Great Place to Work)」によると、企業文化が優れた企業は競合他社に比べ、株価収益率が2倍近く高い。従業員たちは労働市場における自らの価値を明確に認識しており、給与、保険、休暇といった従来からの福利厚生制度に加え、優れた企業文化を期待する。

  

優秀な人材を引き付けるだけでなく、勤続してもらえるような企業文化はどうすれば創り出せるのだろうか?従業員たちが心からその企業で働きたいと願う人気の3社の例を、以下に紹介する。

続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

1984年生まれ・千葉県柏市出身、船橋市在住・AB型。趣味は、旅行・アニメ・パズドラ・自転車を少しと、ビジネスプランを考える事です。たくさんの方から質問・相談頂いてますので、何かあったらお気軽にどうぞ。最近スポニチに掲載されました。ということでSNSの友達もヨロです。