【SPEEDA総研】衰退する銭湯と拡大するコインランドリー

たつぼーのひとこと
 コインランドリーもIOT化してるのね。ユーザーは待ち時間が無くなるし、オーナーは全て管理できるから皆んながハッピーだ。 
昔は風物詩でもあった銭湯は衰退の一途を辿り、最盛期の5分の1まで減少した。ただ、非常に厳しい事業環境に置かれながらも、デザイナーズによる新感覚な銭湯や新サービスで人気を博す銭湯もみうけられる。スーパー銭湯は国内の根強いニーズはもとより、中国でも普及しそうな気配である。一方、銭湯と親和性が高いコインランドリーも、過去数回のライフサイクルを経て、ここ数年店舗数が伸長しており、土地活用ビジネスとしても注目されている。
続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非