東京ゲームショウは「仮想”非”現実」でいっぱい

たつぼーのひとこと
 今年は東京ゲームショウいけなかったな(´・_・`)

最近はすっかりバーチャルばっかりですな。 

「東京ゲームショウ2016」の会場は、仮想現実ゲームで溢れていた。しかし、それらの多くは、現実を模倣するものでは全くなかった。会場で見つけた2つの注目すべきプレゼンテーションを紹介。

プレイステーションVRやOculus、Viveなど、思いつく限りのVRデヴァイス向けの110のVRゲームを携え、デヴェロッパーやパブリッシャーが、日本でのプレミアショウにやってきた。
大方の想像通り、カプコンのホラーショウ『Resident Evil 7』や、ソニーの拳銃装備シューター『Farpoint』などの“現実的”なゲームは多くの観衆を集めていた。が、プレイヤーをアニメやマンガの世界へ誘うような日本の“いま”により敏感なゲームタイトルも非常に多かった。
続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

1984年生まれ・千葉県柏市出身、船橋市在住・AB型。趣味は、旅行・アニメ・パズドラ・自転車を少しと、ビジネスプランを考える事です。たくさんの方から質問・相談頂いてますので、何かあったらお気軽にどうぞ。最近スポニチに掲載されました。ということでSNSの友達もヨロです。