順調だったスマホゲーム起業から、一瞬で「1億円の大赤字」へ転落。生きるか死ぬか「3rdKind」が体験した2つの売上拡大の罠。

たつぼーのひとこと
 不得意な事に感覚で責めたりすると大体失敗するよね笑  ディグディグやったことあったな!結構面白かったです。 
「3rdKind」さんについておしえて下さい。
細谷:

モバイルゲームのパブリッシャー事業をしている会社です。海外のおもしろいゲームを、日本に持ってくるのが主な仕事ですね。
もともと、ぼくはカプコン、フレッドはGameloftで働いていて、そこからお互いフリーランスを経て、2011年に「3rdkind」を創業しました。
「パブリッシャー事業」というのは、どのように収益を得ているんですか?
細谷:

簡単に言うと、海外のゲームを日本人好みに翻訳・味付けし、それを日本のユーザーに届けて、収益はデベロッパー(開発会社)と分け合っています。
具体的な、レベニューシェアの条件としては、うちの場合は基本「50:50」で分配しています。ケースバイケースではありますけどね。
起業してから「立ち上がり」としては順調だったのでしょうか。
細谷:

そうですね。海外の良質なカジュアルゲームを、日本にもってくる戦略がうまくいって、1年目〜4年目までは、順調に売上も出ていました。
アプリのヒット作にも恵まれて、「ハッピーストリート」は2億円、「ディグディグ」は4,000万円ほどの売上(累計)につながりました。
ところが実は、4〜5期目にかけて大失敗をしてしまって。マイナス1億円の大赤字を出してしまったんですよ。このときは本当に死ぬ思いをしました。
続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

1984年生まれ・千葉県柏市出身、船橋市在住・AB型。趣味は、旅行・アニメ・パズドラ・自転車を少しと、ビジネスプランを考える事です。たくさんの方から質問・相談頂いてますので、何かあったらお気軽にどうぞ。最近スポニチに掲載されました。ということでSNSの友達もヨロです。