台風10号、東北地方上陸のおそれ 暴風・土砂災害など厳重警戒

たつぼーのひとこと
 何も起きないといいね。 
台風10号、東北地方上陸のおそれ 暴風・土砂災害など厳重警戒

強い台風10号は、30日、東北地方に接近・上陸するおそれがあり、東北地方の太平洋岸に直接上陸した場合、史上初めてのケースとなります。気象庁は、暴風や高波、土砂災害などに厳重な警戒を呼びかけています。

「今回の台風では、大雨が最も大事だと考えている。(台風が接近する前から、北日本と東日本の広い範囲で激しい雨が降る予想で、)台風が接近・通過する地域では非常に激しい雨となり、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降り、大雨になる」(気象庁 松本積 主任予報官)

気象庁の観測によりますと、強い台風10号は、午前8時現在、千葉県銚子市の東を1時間におよそ35キロの速さで北北西に進んでいます。この後、北日本や関東地方に接近し、夕方から夜にかけて東北地方に上陸するおそれがあります。もし、最初に上陸する場所が東北地方の太平洋岸となった場合、気象庁が台風の統計を開始して以来、初めてのケースとなります。
続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04