1万2000km走行が保有の境界線?シェアリングは自動車業界を揺るがすか

たつぼーのひとこと
 都内とかに住んでて車を持つ意味がわからない。カーシェアとかレンタカーでいいじゃん。常にプロがメンテナンスしてくれてるし、色んな車乗れるし、毎日乗らない人なら維持費だって格段に下がるのに。 
ライドシェア(相乗り)やカーシェアといった“シェアリング”の波が自動車業界に押し寄せている。車の所有から利用という価値観の変化のうねりは、既存の車ビジネスを根幹から揺るがす可能性がある。トヨタ自動車がライドシェア最大手米ウーバーテクノロジーズと提携するなど車メーカーが新たな潮流を見据えた動きを取っている。
続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

■匿名でOK。コメントのみで投稿できるよ!

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスコンサルタント荒木達哉 毎月10万円の収入が増えたら何をしますか? 副業初心者の方や、諦めかけていた人の為のビジネススクール運営 ◆著者・会社以外から複数の収入源の作り方! ◆コラム連載(中央区/天空新聞) ◆ラジオパーソナリティー いつもSNSでのいいね、コメント感謝いたします。 是非、友達追加もよろしくお願いします↓