オレオ」の販売終了で山崎製パンに迫る転機契約解消により子会社の売上高の4割が消滅

たつぼーのひとこと
 三陽商会と同じですね。人の物を売るだけのとこは考えた方がいいよね。それに比べてサイバーエージェントは自社ブランドが多いから凄い。 
「オレオが日本で買えなくなる?」
2016年2月、山崎製パンが、クッキー「オレオ」やクラッカー「リッツ」の製造・販売を終了する、と発表すると、ツイッターなどのSNS上では、悲鳴にも似た投稿が散見された。
8月末でライセンス契約終了
ただし、これらの人気ブランドが日本から消えるわけではない。9月からは外資系菓子メーカーのモンデリーズ・ジャパンが同ブランドの製造と販売を担うからだ。同社の米国本社と山崎製パンとのライセンス契約は8月31日をもって終了する。
1970年から40年以上続いた契約の解消は、好調な山崎製パンの業績に陰を落とす。
続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04