港の世界最大級の為替両替所が外部からの攻撃で資金を喪失

たつぼーのひとこと
 そこまでBitcoin詳しくないから、もう一回ちゃんと理解しておかないとだなー。 
Bitcoin <1050> の対ドル取引レートが過去4日間で13%を超える急落となっていることが判った。
関係者によると、香港にある世界最大級のBitcoin為替両替所のBitfinexが、外部からのハッキング攻撃を受け、119,756 BTC(約7000万ドル)の預り資産を喪失した可能性が強まったことがBitcoinの取引レート急落の要因となったものとみられている。
3日現在、Bitfinexのウエブサイトをアクセスすると、「セキュリティー上の侵入が見つかったため、取引は停止した」とするメッセージが表示され、取引画面はおろか、ログイン画面にもアクセスができない状態となっている。
Bitcoin相場は2014年2月にも世界最大級(当時)のBitcoin為替両替所だったMt. Goxが、今回同様に、外部からのハッキング攻撃を受け、預り資産のほとんどを喪失したことで運用を停止。Mt. Goxに関してはその後、拠点を置いていた日本の裁判所に破産申請を出すまでに至っていた。
Bitcoinは次世代の仮想通貨として、一時期、もてはやされたことがあったが、市場では、Mt. Goxの破綻を契機に、熱狂は冷める状態が続いていた。
一方、金融業界では、Bitcoinで採用されている分散データベースの一種となる Blockchainテクノロジーを基幹システムに採用する動きが生じるなど、Bitcoinは次世代の仮想通貨としてではなく、次世代の金融テクノロジーとして再評価が進む形となっている。
続きを読む

この記事が気に入ったら
『いいね !』 ヨロです!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木達哉とLINE友だち
になりませんか?

ta04