順調だったスマホゲーム起業から、一瞬で「1億円の大赤字」へ転落。生きるか死ぬか「3rdKind」が体験した2つの売上拡大の罠。

たつぼーのひとこと
 不得意な事に感覚で責めたりすると大体失敗するよね笑  ディグディグやったことあったな!結構面白かったです。 
「3rdKind」さんについておしえて下さい。
細谷:

モバイルゲームのパブリッシャー事業をしている会社です。海外のおもしろいゲームを、日本に持ってくるのが主な仕事ですね。
もともと、ぼくはカプコン、フレッドはGameloftで働いていて、そこからお互いフリーランスを経て、2011年に「3rdkind」を創業しました。
「パブリッシャー事業」というのは、どのように収益を得ているんですか?
細谷:

簡単に言うと、海外のゲームを日本人好みに翻訳・味付けし、それを日本のユーザーに届けて、収益はデベロッパー(開発会社)と分け合っています。
具体的な、レベニューシェアの条件としては、うちの場合は基本「50:50」で分配しています。ケースバイケースではありますけどね。
起業してから「立ち上がり」としては順調だったのでしょうか。
細谷:

そうですね。海外の良質なカジュアルゲームを、日本にもってくる戦略がうまくいって、1年目〜4年目までは、順調に売上も出ていました。
アプリのヒット作にも恵まれて、「ハッピーストリート」は2億円、「ディグディグ」は4,000万円ほどの売上(累計)につながりました。
ところが実は、4〜5期目にかけて大失敗をしてしまって。マイナス1億円の大赤字を出してしまったんですよ。このときは本当に死ぬ思いをしました。
続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】