長友佑都、会社設立の背景にあるのは「危機感」

【たつぼーのひとこと】
やっぱ本田さんもこの人も考える事は面白いですよね。できる人は何でもできるんですね。


サッカー日本代表の長友佑都は、6月に自らが代表取締役となり運動や食事、健康などに関連する事業を展開する会社を設立。長友は会社設立の背景に自身の「危機感」があったといいます。

海外で過ごすなかでまだまだ世界は広いし、すごいヒトがいっぱいいることを知った長友は「変化が激しい中、日々進化して成長していかないと、すぐに切り捨てられてしまうんです」と危機感を感じたそう。

「これまで多くのアスリート、サッカー選手が現役を引退して、セカンドキャリアでなかなか夢が持てない状況を見てきた。自分はそうはなりたくない」とも話しています。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】