柳井正と孫正義に共通する「原体験」と「失敗力」

たつぼーのひとこと
 こーゆー書き方すると勘違いする奴がでてくると思うよ。失敗っていっても、想像すらできなかった諦めのつく失敗と、ただ単に準備不足とかの回避できた失敗もあるじゃん。これを一緒にしたらダメだよね。 

韓国で大富豪になるためには「金のスプーン」が必要とされるが、日本は違う。ただし、大きな成功を得るために、通り過ぎなければならない「道」がある。
日本最大の優良企業とされるトヨタ自動車は、時価総額も日本一である。そのトヨタの創業家出身の豊田章男社長はなぜ長者番付に現れないのか。
ランキングの上位者の顔ぶれを見るとわかるように、日本の大金持ちの大半は自分で起業して成功を収めた「創業者」である。サラリーマン社長でランクインした者はない。そしてついで多いのが継承者。一代で財を成した成功者の子孫である。豊田章男は後者に当たるが、残念ながらトヨタでは創業者一族が保有する自社株は、一族合わせて7%。ランキング1位の柳井正個人の自社株保有率は21%、2位孫正義は19%と比べるべくもない。
ちなみに、世界一のビル・ゲイツの資産のほとんどは自社株評価額とされる点からも、ビリオネアになるための条件のひとつは「創業者たれ」であると言っていい。
だが日本ではそれが簡単ではない。何しろ大卒就職率が日本ほど高い国はそう多くないからだ。2015年に文部科学省が調査した結果によると、15年春に約56万4,000人が大学を卒業し、その72.6%にあたる約40万9,000人が就職したという。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】