今はもう存在しない10の職業

たつぼー
 今となっては殆ど、こんなの必要無いって思える事ばかりですね。今僕たちがやってる事も数年後にはそう思われるんでしょうね。 

以前、まとめサイトで近い未来、需要がありそうな「現在にはない」10の職業という記事がありましたが今回は逆のパターン。子育て中の人なら近未来を想定して教育方針を考える機会にできるかもしれない。

多くの職業は10、20または30年前には存在しなかった。私たちの今の職業も現在は存在するが近未来にはなくなっているかもしれない。昔は確かにあった今はもう存在しない10の職業。これらの古い職業は何が原因でなくなったのかを考えると将来有望な職業を見つけられるかもしれない。

1。ボーリングピンを並べる仕事

この時代ボーリング場のピン配置は、若い男の子の仕事だった。

2。依頼者を睡眠などから起しに行く仕事(人間目覚まし時計)

人々が自分の仕事のための時間に目を覚ますことを確実にするために雇われた。彼らはクライアントの窓やドアをノックし、小石を使用することもありました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】