セブンは沖縄で成功するのか? “仁義なき戦い”が始まる 

【たつぼーのひとこと】
沖縄行った時にそれは思った。セブンって確かドミナント方式って手法とってて、それが中々難しいからなんじゃなかったっけ?


先日、セブン-イレブン・ジャパンが、沖縄への出店に向けて県内の複数企業とフランチャイズ契約の交渉を進めているという報道があった(参考記事:セブンイレブン“唯一の空白県”沖縄進出 2~3年内目標に複数企業と交渉『沖縄タイムス+プラス』)。
セブン-イレブンにとって沖縄は、国内で唯一の空白地。同社の広報によると、「具体的には決まっていない」としているが、コンビニのシェア争いの最終ゴングが鳴らされたと言っていいだろう。

そこで今回は、沖縄のコンビニシェア争いについて考えてみよう。
セブンの最後の砦・沖縄

ここで、沖縄のコンビニ出店状況を見ておこう。

先の記事によると「県内では2016年2月末現在、首位の沖縄ファミリーマートが269店舗を展開。ファミリーマート本体とココストアの経営統合に伴い、16年度内に300店舗に達する計画。ローソン沖縄は191店舗(同2月末)」とある。
コンビニ展開を成功させる鍵は2つある。1つは、必要な物流拠点をどうするのか。もう1つは立地だ。
どのコンビニも、品ぞろえ自体に大きな違いはない。違いがないということはつまり、店舗の立地こそが、ユーザーにとってどういう場所なのかがポイントになる。沖縄の立地状況を見る限り、主要な立地は、先行組のファミリーマートやローソンがすでに抑えている。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

■匿名でOK。コメントのみで投稿できるよ!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】